ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年9月28日 / ページ番号:C090735

障害者施設が頻回検査に使用した抗原定性検査キットの購入費用を補助します

このページを印刷する


 この度の感染拡大状況に鑑み、障害者施設における頻回検査を実施するための抗原検査キットの購入費用の補助を行うことといたしました。
 本補助金をご活用いただき、従事者等に対する頻回検査を実施いただきますようお願いいたします。

お知らせ

〇令和4年8月19日 ・月次報告様式、申請様式(第1号、第2号)、提出先メールアドレスを掲載しました。
         ・よくある質問(Q&A)を掲載しました。
〇令和4年9月16日 ・参考様式(一括購入内訳書)を掲載しました。
         ・よくある質問(Q&A)を更新しました。
〇令和4年9月28日 ・補助対象期間を令和4年12月31日まで延長しました。これに伴い、「補助対象となる経費」、「実績報告」、
          「補助金の申請方法」を更新しました。
         ・10月~12月の検査に関する月次報告様式、申請様式(第1号、第2号)を掲載しました。
         ・よくある質問(Q&A)を更新しました。

補助対象施設

さいたま市内に所在する以下の障害者施設・事業所

【入所施設】
障害者支援施設、グループホーム(共同生活援助)、短期入所施設、障害児入所施設、宿泊型自立訓練施設、生活ホーム

【通所事業所】
生活介護事業所、自立訓練(機能訓練・生活訓練)事業所、就労移行支援事業所、就労継続支援(A型・B型)事業所、
自立生活援助事業所、児童発達支援事業所、医療型児童発達支援事業所、放課後等デイサービス事業所、保育所等訪問支援事業所、
地域活動支援センター

【訪問事業所】
居宅介護事業所、重度訪問介護事業所、同行援護事業所、行動援護事業所、計画相談支援事業所、障害児相談支援事業所

補助対象となる経費

 補助対象施設が、令和4年8月1日(月)から令和4年12月31日(土)までの間(以下、「補助対象期間」とします)に、頻回検査に使用した抗原定性検査キットの購入に要する経費。
 なお、補助対象期間に使用した抗原定性検査キットの購入費であれば、7月31日以前に購入したものであっても補助対象になります。

補助上限額

【8月・9月に実施した頻回検査】
抗原定性検査キットの購入単価(1,500円(消費税込み)を上限とする。) × 頻回検査のために使用した回数(従事者等の人数×週2回×9週を上限とする。)

【10月・11月・12月に実施した頻回検査】
抗原定性検査キットの購入単価(1,500円(消費税込み)を上限とする。) × 頻回検査のために使用した回数(従事者等の人数×週2回×13週を上限とする。)

補助金の支給要件

補助金の支給にあたっては、以下に記載の要件を全て満たしている必要があります。

・補助対象施設が自ら購入した抗原定性検査キット(※1)により検査を実施すること。
・補助対象期間に従事者等(※2)が実施した、頻回検査(従事者一人あたり週2回を上限とする)であること。
・さいたま市が障害者施設向けに実施しているPCR検査事業によるPCR検査を受験していない週に行った検査であること。
・後述の実績報告を期限内に行っていること。
(※1)厚生労働省から薬事承認を受けているものに限ります。厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の承認情報」の「2.抗原検査法」に記載の品目のうち、「検査法」が「抗原検査法(簡易キット)」または「抗原検査法(定性)」となっている品目が該当となります。
(※2)施設からの受託により、清掃や給仕等、入所者と接触する可能性のある業務に従事する方を含みます。

実績報告(月次報告)

補助対象期間における頻回検査の実施状況について、月次で報告してください。

【報告方法】
報告様式(エクセル形式)を以下のメールアドレス宛てに報告期限までに提出してください。
※様式はページ下部にある関連ダウンロードファイルからダウンロードしてください。

【提出先メールアドレス】
kyufu-shogai@city.saitama.lg.jp
※障害支援課で普段使用しているメールアドレスとは異なるのでご注意ください。

メールの件名は、以下のとおりとしてください。
【8月分抗原補助】事業所名
※8月の部分は報告する月を入れてください。9月分の実績報告であれば、【9月分抗原補助】事業所名 としてください。

報告様式のファイル名は、以下のとおりとしてください。
08_事業所名.xlsx
※08の部分は報告する月を入れてください。9月分の実績報告であれば、09_事業所名.xlsx としてください。

【報告期限(8月・9月に実施した頻回検査)】
・8月の頻回検査(8月1日~9月2日)に関する実績報告 :令和4年9月16日(金)までに提出(必着)
・9月の頻回検査(9月3日~9月30日)に関する実績報告:令和4年10月14日(金)までに提出(必着)

【報告期限(10月・11月・12月に実施した頻回検査)】
・10月の頻回検査(10月1日~11月4日)に関する実績報告 :令和4年11月18日(金)までに提出(必着)
・11月の頻回検査(11月5日~12月2日)に関する実績報告:令和4年12月16日(金)までに提出(必着)
・12月の頻回検査(12月3日~12月31日)に関する実績報告:令和5年1月13日(金)までに提出(必着)

補助金の申請方法

補助金の申請は、各事業所(施設)から行ってください。 
※9月分の月次報告提出後に行ってください。

【申請書提出期限(8月・9月に実施した頻回検査)】
 令和4年11月30日(水) まで(必着)
 ※令和4年10月1日以降に提出してください。

【申請書提出期限(10月・11月・12月に実施した頻回検査)】
 令和5年2月28日(火) まで(必着)
 ※令和5年1月1日以降に提出してください。


【申請に必要な書類】
 (1)補助金支給申請書(様式第1号)※様式第1号と様式第2号は同一のエクセル内にあります。
 (2)検査実施報告書(様式第2号)
 (3)領収書の写し
  (4) 購入した品名が確認できる書類(領収書の写しで品名が確認できる場合は、提出不要)
 (5)振込先の金融機関口座等が確認できる書類の写し

※(1)・(2)の様式はページ下部にある関連ダウンロードファイルからダウンロードしてください。
※法人等で一括購入した抗原定性検査キットを複数の事業所で使用した場合は、領収書の写しにあわせて、一括購入内訳書 を提出してください。

【申請方法】※可能な限り、電子メールでの申請にご協力ください。
 
 (電子メールの場合)

・上記の申請に必要な書類(1)~(5)を以下のメールアドレス宛てに申請書提出期限までに提出してください。
  
【提出先メールアドレス】
kyufu-shogai@city.saitama.lg.jp
※障害支援課で普段使用しているメールアドレスとは異なるのでご注意ください。

メールの件名は、以下のとおりとしてください。
【抗原検査キット申請書】事業所名

※電子メールで提出する場合は以下の点にご注意ください。
・申請に必要な書類の(1)~(2)はエクセル形式、(3)~(5)はPDF形式でご提出ください。
・添付ファイルの合計容量は、5MB未満としてください。


(郵送の場合) 
・上記の申請に必要な書類(1)~(5)を以下の郵送先に郵送してください。
  
〒330-9588 さいたま市浦和区常盤6-4-4 さいたま市障害支援課 自立支援給付係

(補足)封筒には、「抗原検査キット補助申請書在中」と明記してください。

補助金交付までの流れ

・申請書の審査結果について「補助金交付決定通知書」を申請者あてに郵送します。
・支給が決定した事業所には、ご指定いただいた口座へ補助金を振り込みます。なお、申請から振り込みまで2か月程度かかる場合があります。

抗原定性検査キットの購入について

厚生労働省ホームページ「一般事業者からの問合せに対応できる医薬品卸売業者等について」 及び 「医療用抗原検査キットの取扱薬局リスト」を御確認ください。

抗原定性検査キットの使用について

 医療従事者の常駐しない施設等において、医療従事者の管理下で検査を実施することが困難な場合には、検体採取に関する注意点を理解した職員の管理下で検査を行う必要があります。
 厚生労働省ホームページ「医療従事者の不在時における新型コロナウイルス抗原定性検査のガイドライン等について」をご確認のうえ、適切にキットを使用してください。

その他

・抗原検査キットによる検査結果が「陽性」であった場合は、速やかに医療機関にご相談ください。

よくある質問(Q&A)【令和4年9月28日時点】

 よくある質問(Q&A)はこちらからご確認ください。

お問い合わせ

さいたま市役所 障害支援課 自立支援給付係
電話番号:048-829-1305   FAX:048-829-1981

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害支援課 自立支援給付係
電話番号:048-829-1305 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る