ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年3月30日 / ページ番号:C047086

お肉の加熱不足に注意しましょう(家庭で出来る!食中毒予防チェック)

このページを印刷する

毎年、食肉を加熱が不十分な状態や、生で食べたことによる、カンピロバクターや腸管出血性大腸菌(O157等)などを原因とした食中毒が多く発生しています。食中毒の症状は、多くが下痢・腹痛・嘔吐・発熱などですが、時には重篤な合併症を起こして死に至ることもあります。

夏季は特に菌が増殖しやすいので、より一層の注意が必要です。肉やレバーは、十分に加熱して食べましょう。

家庭で出来る!食中毒予防5つのチェック

1.まな板などの道具は、生の肉や魚と、野菜で使い分ける。

別に道具を準備することが難しい場合は、「生の肉や魚を調理の最後に扱うこと」で使い分けも出来ます。

2.生の肉やレバーを扱った後は、石鹸を使って手を洗う。

3.生の肉やレバーを扱った調理器具は、洗剤で十分洗う。

調理器具は、洗剤できれいに洗った後、十分な量の熱湯や漂白剤などで消毒しましょう。※やけどに注意してください。

4.お肉を調理する時は、中心部まで十分に加熱する。

肉やレバーは生で食べることは避け、中の色が変わるまで十分に加熱して食べましょう。
加熱した料理やサラダは、加熱前の肉やレバーと触れないように注意しましょう。

5.焼肉などで生の肉を扱うときには、専用の箸を使う。

焼肉をするときは(自宅でもお店でも)、生肉を焼く専用の箸やトングを使い、焼いた肉を食べる箸とは別にしましょう。

牛レバー、豚肉や豚の内臓は、生食用としての販売・提供が禁止されています

平成24年7月1日より牛のレバー、平成27年6月12日より豚肉・豚の内臓を生食用として販売・提供することが禁止されています。
生食用食肉(内臓をのぞく牛の食肉)は、規格基準及び表示基準が定められ、これに適合する食肉に限り販売・提供することが可能です。

※たとえ「生食用」と表示されていても、子ども、高齢者、抵抗力が弱っている方には、生で食べさせないようにしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る