ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年9月7日 / ページ番号:C083759

フグによる食中毒に注意しましょう

このページを印刷する

フグ毒について

フグはテトロドトキシンと呼ばれる猛毒を持っているため、正しく調理しないと食中毒を起こし、時には死に至ることもあります。
フグ毒は加熱しても分解されず、また、有効な治療法や解毒剤も今のところありません。
そのため、食用可能なフグの種類や部位が定められており、国内では正しい知識と技術をもった専門のフグ処理者(フグ調理師)により調理されたフグが消費者に提供されています。
釣ったフグやもらったフグは素人判断で調理しないようにしましょう。

(フグ毒関連情報)
厚生労働省 釣りをされる皆様へ(外部リンク)

厚生労働省 ふぐによる食中毒を予防しましょう
厚生労働省「釣りをされる皆様へ ふぐによる食中毒を予防しましょう」(PDF)

厚生労働省 自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒 概要版(外部リンク)

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る