ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年10月22日 / ページ番号:C083803

ネズミの防除について

このページを印刷する

日本の家屋内や住宅周辺で見られるネズミは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類です。
夜になると天井から音がする、食べ物やコードなどがかじられている、糞が落ちているなど、ネズミの痕跡がある場合は、早めの対策が必要となります。

ネズミの種類

ネズミは種類によって生息場所や行動パターンなどが異なります。防除にあたっては種類がわかっていると効果的な対策がとりやすくなります。

都市部で多くみられるのはドブネズミとクマネズミです。以下に一般的な2種類の特徴をあげました。どちらの種類かわからない場合は、クマネズミを想定して対処されるとよいでしょう。

ネズミの種類

対策その1~ネズミが生活しにくい環境をつくる

ネズミ対策の基本は「環境的防除」で、ネズミの生活しにくい環境をつくります。手間はかかりますが、どの種類のネズミに対しても効果があります。住居に入り込んでしまったネズミを駆除するときも、まずこの対策から始めるとよいでしょう。

1.ネズミの侵入経路や移動経路をなくす

ネズミは1.5cm程度の隙間があれば通り抜けることができます。住居の周辺や内部を点検して、侵入口や生活場所になっている箇所がないかを調べます。

家屋

音、かじり跡、フン、足跡やこすり跡(特有の黒光りした跡が残ります)といった、いわゆるラットサインをもとに探すと、通り道や生活場所になっている場所がわかります。
すき間や穴があいている箇所は、丈夫な素材のものでふさぎます。厚手の板やパテでふさいだり、金たわしや亀甲金網などを詰めたりする方法があります。

2.エサとなるものをなくす

ネズミのエサになりそうなものは、適切に保管・管理をして、食べられないようにします。これは殺そ剤を使用する場合にも有効な対策です(空腹にして殺そ剤を食べさせるため)。
人間の食べ物以外にも、ペットのえさや生ごみ、花瓶の花などもエサにするため、特に夜間は出したままにしないようにしましょう。

食べ物の対策

3.巣を作らせない

住居内の整理整頓、清掃を徹底し、巣がつくられやすい場所をなくし、巣の材料になるような布・紙・ビニール類を放置しないようにし、不要なものは処分します。 

対策その2~侵入したネズミを駆除する

住居内に侵入したネズミを捕獲する方法は2種類あります。ドブネズミの場合はある程度効果が期待できますが、クマネズミの場合は警戒心が強く、また立体的な移動が得意なため、捕獲が難しいと言われています。あくまで環境的防除の補足的な対策と考えるのがよいでしょう。

物理的防除

捕獲器や粘着シートなどを使用してネズミを捕獲する方法です。粘着シートを使用する場合は、以下のポイントを参考に設置してみてください。

  • 粘着シートは、ネズミのとおり道にできるだけたくさん並べる。
  • 粘着シートを新聞紙などの上に置くとよい。
  • 設置したものは頻繁に変えない(3日程度は様子をみる)。
  • 粘着シートの上にはエサを置かない。
  • 3日程度たっても捕獲できない場合は、設置場所や設置の方法を変えてみる。

化学的防除

殺そ剤や忌避剤といった薬剤を使用する方法です。殺そ剤には急性毒剤と累積毒剤があります。急性毒剤は致死量を食べさせると一度で効果がありますが、毒性が強いので取り扱いには注意が必要です。累積毒剤は誤食に対する安全性が高いのですが、何日か連続して食べさせる必要があること、ネズミの種類によってはあまり効かないことがあります。また、ネズミがどこで死ぬかわからないため、使用する場所や季節などに注意する必要があります。また、簡単に食べてくれない場合もありますので、以下のポイントを参考に設置してみてください。

  • 餌場となっている場所に設置する。
  • 他に食べ物がとれないように、餌となるものを徹底的になくす。
  • ネズミの好物を殺そ剤にまぶす(被害にあった食べ物、油、ソースなど)。
  • 設置したら1週間以上は動かさない。エサがなくなっていても、継続して設置する。
  • 秋から冬の間に設置するのがよい(ネズミの食欲が増える時期であること、死骸が腐りにくい季節のため)。
  • ペットや子どもがいる場合は、誤食に注意して設置する。

捕獲したネズミの死体は、燃えるごみとして処分してください。また捕獲したネズミを処理する際は、マスクや使い捨て手袋などを活用し、直接触らないようにしましょう。
ネズミが通った場所やフンが落ちていた場所などを消毒する場合は、消毒用エタノールでの清拭で十分です。消毒箇所はあまり神経質にならず、食器や調理器具などの間接的に食品を汚染する可能性のあるものの洗浄消毒を中心に行うとよいでしょう。

ネズミの駆除について

ご自身でネズミの駆除を行う場合は、根気強く取り組む必要があります。効果が出るまで相当の期間がかかる場合もあります。
ご自身での対処が難しい場合は、駆除業者に相談されてもよいでしょう。
保健所ではネズミの駆除は行っていません。駆除相談業者の紹介は、埼玉県ペストコントロール協会が無料で行っています。
駆除費用は自己負担となります。費用については、各業者に直接ご確認ください。

一般社団法人 埼玉県ペストコントロール協会(電話番号:048-854-2890)

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/環境薬事課 環境衛生係
電話番号:048-840-2227 ファックス:048-840-2232

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る