ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年4月3日 / ページ番号:C071513

専用水道等における新型コロナウイルス関連通知について(専用水道等設置者の方へのお知らせです)

このページを印刷する

専用水道等における、厚生労働省等から発出された新型コロナウイルスに関する通知等をお知らせします。

新型コロナウイルス感染症に伴う必要物資の確認・確保について

新型コロナウイルス感染症については、各方面において感染拡大の防止に向けた対策が講じられているところですが、現時点で事態が収束する見込みはたっておらず、現在の状況が長期化した場合、各専用水道の設置者等においても水道用薬品等の物資の調達が困難になることが懸念されます。
つきましては、以下のとおり水道水の安定供給に必要な物資等の確認・確保等に努めていただきますようよろしくお願いします。

1.確認内容
(1)水道用薬品の備蓄状況の確認
※『新型インフルエンザ対策マニュアル策定指針』2(ローマ数字)-58ページに示される備蓄状況表を作成する等、備蓄状況の把握・確認に努めてください。
『新型インフルエンザ対策マニュアル策定指針 - 厚生労働省』(新しいウィンドウで開きます)
(2)水道用薬品の確保(概ね2か月程度)
※1 既存の設備で保存が困難な薬品については、関連業者との調整の上、適宜薬品を確保できるよう調整してください。
※2 不足していると考えられる薬品は速やかに補充し、備蓄量の増量措置を講じてください。
(3)水道用薬品関連業者への確認・調整
※在庫数や配送手段など、適切に調達できることを随時確認してください。
(4)その他物資の確保
※専用水道等運営に必要な物資(水道用資機材、自家用発電機の燃料、従事者の感染予防に係る物資等)について、不足を生じないよう努めてください。

2.その他
(1)以上の対応を実施しているにも関わらず、水道用薬品等の不足により水道の供給が困難になることが想定された場合には、ご連絡をお願いします。
(2)一般にインフルエンザウイルスに対して塩素消毒が有効であること等を踏まえ、水道水における残留塩素の適切な確保をお願いします。
(3)市町村の水道事業体から水道水の供給を受けることができない専用水道等の設置者については、緊急事態を想定した十分な対応を実施していただくようお願い
します。

また、新型コロナウイルス感染症対策について検討する際には『水道事業者等における新型インフルエンザ対策ガイドライン(改訂版)』(平成21年2月厚生労働省健康局水道課)に準じた対策を取ることが有効と考えられますので、参考にしてください。
『水道事業者等における新型インフルエンザ対策ガイドライン(改訂版)』(新しいウィンドウで開きます)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/環境薬事課 環境衛生係
電話番号:048-840-2227 ファックス:048-840-2232

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る