ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月6日 / ページ番号:C000571

文化財紹介 東泉寺のボダイジュ

このページを印刷する

東泉寺のボダイジュ
東泉寺のボダイジュ
指定の区分 市指定 天然記念物
指定名称 とうせんじのぼだいじゅ
東泉寺のボダイジュ
員数 1株
指定年月日 昭和44年5月21日
所在地 浦和区瀬ヶ崎2-15-3
所有者 宗教法人 東泉寺(とうせんじ)
概要 シナノキ科の落葉高木で、葉の形は逆三角形で、裏面には白色の細い毛が密生しています。釈迦が修行したと伝えられるクワ科常緑高木の「ボダイジュ」とは異なる種類で、仏像の材料にされたり、果実で数珠を作ることで知られます。
本堂南側の墓地にあり、指定時は古木の風情があり、高さ7メートル、根まわり3.36メートル。南北の2幹に分岐して、全体が傘状をした、盆栽のような美しい姿をしていました。平成5年に台風で主幹部が倒壊してしまいましたが、現在、孫生(ひこばえ)が生育中です。
関連図書 『浦和市文化財調査報告書』第15集(浦和市教育委員会、1970年発行)
『浦和の文化財』(浦和市教育委員会、1986年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る