ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年7月17日 / ページ番号:C000578

文化財紹介 染谷のタラヨウ

このページを印刷する

染谷のタラヨウの写真
染谷のタラヨウ
指定の区分 市指定 天然記念物
指定名称 そめやのたらよう
染谷のタラヨウ
員数 1本
指定年月日 昭和45年8月11日
所在地 見沼区大字染谷
所有者 個人
概要 かつて修験寺院の本堂前にあったもので、現在は個人宅の母屋前に所在します。高さ13メートル、根まわり3.1メートル(指定時)。地上約0.8メートルのところで幹が2本に分かれていますが、枝張りもよく、生育は良好です。花期は4月から5月で、淡黄緑色の花を咲かせ、秋には球形の赤い実がなります。
モチノキ科の常緑高木で、寺院に多く植えられている木です。「ハガキノキ」とも呼ばれ、葉の裏側には文字を書くことも出来ます。また、葉で吉兆を占ったりもしました。
関連図書 『大宮の文化財』3(大宮市教育委員会、1987年発行)

この文化財は、一般公開は行っておりません。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る