ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年1月4日 / ページ番号:C000201

文化財紹介 見性院の墓

このページを印刷する

見性院の墓の写真
見性院の墓
指定の区分 県指定 旧跡
指定名称 けんしょういんのはか
見性院の墓
員数 1基
指定年月日 昭和36年9月1日
所在地 緑区東浦和5-18-9
所有者 宗教法人 清泰寺
概要 武田信玄の息女で会津藩主・保科肥後守正之を養育した見性院の墓所です。
見性院は、江戸城内・田安の比丘尼屋敷に住み、大牧村(現緑区東浦和)に領地を与えられました。元和8年(1622年)に没すると、領地内の清泰寺に葬られ、後に正之によって霊廟が建立されました。霊廟は後に倒壊し、その門扉のみが現在に至ります。なお、現在の墓石は、安政5年(1858年)に会津藩により建てられたものです。
関連図書 『浦和の文化財』(浦和市教育委員会、1986年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、門扉のみの公開です。墓所内の見学はできません。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る