ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C000241

文化財紹介 廓信寺紙本着色釈迦涅槃図 服部尚匡筆

このページを印刷する

廓信寺紙本着色釈迦涅槃図の写真
廓信寺紙本着色釈迦涅槃図
指定の区分 市指定 有形文化財(絵画)
指定名称 かくしんじしほんちゃくしょくしゃかねはんず はっとりしょうきょうひつ
廓信寺紙本着色釈迦涅槃図 服部尚匡筆
員数 1幅
指定年月日 平成14年8月23日
所在地 浦和区北浦和3-15-22
所有者 宗教法人 廓信寺
概要 釈迦入滅の光景を描いた仏教絵画です。
箱書きによると宝暦13年(1763年)に、瀬ヶ崎村(現浦和区瀬ヶ崎)の住人から寄進されたもので、縦212.4センチメートル、横130センチメートルの本紙に、緑青、群青、金箔、金泥などで鮮やかな彩色が施されています。沙羅双樹のもと、北を枕に横臥する釈迦を中心に、多くの弟子や動物などが歎き悲しみ、上方には、飛雲に乗って駆けつける摩耶夫人の姿が描かれています。
画面右下には「尚匡 拝画」の落款が捺されて、同寺本堂欄間の作者「與野住 服部尚匡」と同一人物が描いたものと考えられます。
関連図書 『さいたま市文化財調査報告書』第4集(さいたま市教育委員会、2003年発行)

この文化財は、一般公開は行っておりません。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る