ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年3月16日 / ページ番号:C000393

文化財紹介 注口土器

このページを印刷する

注口土器
注口土器
指定の区分 有形文化財(考古資料)

指定名称

ちゅうこうどき 

注口土器

員数 1個
指定年月日 平成5年3月25日
所在地 緑区大字三室2458(さいたま市立浦和博物館)
所有者 さいたま市
概要 縄文時代晩期。安行IIIa式。昭和57年度の発掘調査の際、土壙内から出土しました。壺形で、注口は胴部やや上位に上向きに付けられています。口径9.4センチメートル、高さ18.5センチメートル、底径1.3センチメートル。全体の形は、均整がとれ、施文作りともに極めて丁寧なものです。胴部の一部に欠失部があり、復原されていますが、それ以外はほぼ完形の状態です。この地方の縄文時代晩期の文化を知るうえで極めて価値が高い資料といえます。
関連図書  
  • 浦和市文化財調査報告書第38集
  • 浦和市出土品百選
  • 浦和市東部遺跡群発掘調査報告書第3集

この文化財は公開の時期が限られています。
見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る