ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C006370

文化財紹介 中本家神楽師用具

このページを印刷する

画像準備中の表示
中本家神楽師用具
指定の区分 県指定 有形民俗文化財
指定名称 なかもとけかぐらしようぐ
中本家神楽師用具
員数 257点
指定年月日 平成11年3月19日
所在地 大宮区高鼻町4-219(埼玉県立歴史と民俗の博物館(新しいウィンドウで開きます))
所有者 埼玉県
概要 大宮氷川神社を中心に活躍した中本家の神楽と面芝居の衣裳及び用具類です。昭和から平成にかけて使用された神楽資料(神楽面、衣裳、採物、楽器、幕等)と地芝居資料(面芝居面、衣裳、小道具等)257点からなり、衣裳は種類や点数も豊富で、自製品が多く見られます。特に、神楽資料は散逸することなく、一括保存されているため、そのまま神楽の一座を上演できる資料構成となっています。
関連図書 『埼玉県指定文化財調査報告書』第22集(埼玉県教育委員会、2002年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の管理者、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、公開期間を設けている場合もあります。詳しくは、当該施設へお問い合わせください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る