ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年12月24日 / ページ番号:C000446

文化財紹介 清泰寺の庚申塔

このページを印刷する

清泰寺の庚申塔の写真
清泰寺の庚申塔
指定の区分 市指定 有形民俗文化財
指定名称 せいたいじのこうしんとう
清泰寺の庚申塔
員数 351基
指定年月日 昭和33年3月31日
所在地 緑区東浦和5-18-9
所有者 宗教法人 清泰寺
概要 清泰寺の境内には、高さ54センチメートルの駒形の庚申塔349基が、垣根のように並んでいます。それぞれ「庚申塔」の文字と寄進者の住所氏名が刻まれています。年号は刻まれていませんが、これらの親庚申にあたる2基の庚申塔には銘文があり、舟形の青面金剛像を浮き彫りにした庚申塔には、天明3年(1783年)に50基、自然石を利用し「庚申塔」と文字を刻んだ庚申塔には、万延元年(1860年)に300基を奉納したことが刻まれています。寄進者の範囲は、近在だけでなく、東京・千葉にも及んでおり、庚申信仰の隆盛を示す資料となっています。
関連図書 『浦和市の文化財保護』第1巻(浦和市教育委員会、1962年発行)
『浦和の文化財』(浦和市教育委員会、1986年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る