ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C000459

文化財紹介 広田寺本尊縁起絵馬

このページを印刷する

広田寺本尊縁起絵馬の写真
廣田寺本尊縁起絵馬
指定の区分 市指定 有形民俗文化財
指定名称 こうでんじほんぞんえんぎえま
廣田寺本尊縁起絵馬
員数 1面
指定年月日 昭和52年3月30日
所在地 南区沼影1-6-30(観音堂)
所有者 宗教法人 廣田寺
概要 縦101センチメートル、横190センチメートルの大きな絵馬です。弘化3年(1846年)に作られたもので、55行にわたり廣田寺本尊・聖観音の縁起を書き、下にその縁起を説明する太鼓に乗せた聖観音を曳いているころが描かれています。縁起の内容には、伝説的な部分も多くありますが、実際、観音堂には鎌倉時代の作とされる聖観音が本尊として祀られており、絵馬の内容は貴重な資料となっています。
関連図書 『浦和市文化財調査報告書』第22集(浦和市教育委員会、1977年発行)
『浦和の文化財』(浦和市教育委員会、1986年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る