ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C000466

文化財紹介 身形神社の雨乞い絵馬

このページを印刷する

身形神社の雨乞い絵馬の写真
身形神社の雨乞い絵馬
指定の区分 市指定 有形民俗文化財
指定名称 みのかたじんじゃのあまごいえま
身形神社の雨乞い絵馬
員数 3面
指定年月日 平成8年3月1日
所在地 緑区大字三室2458(さいたま市立浦和博物館(新しいウィンドウで開きます) 寄託)
所有者 宗教法人 身形神社
概要 身形社には、雨乞いに関する絵馬が3面伝わっています。これらは、雨乞いを行ったところ雨に恵まれたため、そのお礼に奉納されたものです。
嘉永4年(1851)年と明治20年(1887)年の絵馬は、身形社と思われる境内に、水を張った大きなたらい状の容器を置き、この水で身を清めた裸の男性25名が、神社に向かって手を合わせているもので、雨乞いの情景を的確に伝えています。明治26年の絵馬は、黒い馬を描いたものです。日乞いには白馬、雨乞いには黒馬を献上するといわれ、その関係性を示す絵馬となっています。
関連図書 『浦和市文化財調査報告書』第41集(浦和市教育委員会、1996年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の管理者、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、公開期間を設けている場合もあります。詳しくは、当該施設へお問合わせください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る