ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年8月4日 / ページ番号:C001265

文化財紹介 仲町獅子王祭獅子頭及び神輿

このページを印刷する

仲町獅子王祭獅子頭
獅子頭
仲町獅子王祭神輿
神輿
仲町獅子王祭獅子頭及び神輿
指定の区分 市指定有形民俗文化財
指定名称 なかちょうししおうさいししがしらおよびしんよ
仲町獅子王祭獅子頭及び神輿
 付「開運疫除守護神」版木1面
員数 1対及び1基
指定年月日 平成11年3月29日
所在地 獅子頭:浦和区東仲町9-8(宗教法人 大善院)
神輿:中央区下落合6-10-3(与野文化財資料室寄託)
所有者 仲町獅子王祭祭事委員会
概要 いわれによると、文久元年(1861年)、疫病除けに各家から諸山のお札を集め、張子のようにお札を張り重ねて作った雌雄一対の獅子頭です。「獅子王」と呼ばれ、御神体として7月20日頃に行われる「獅子王祭」の神酒所に安置されます。
神輿は、近年使用していませんが、かつては獅子王を納めて渡御したとも伝えられ、明治29年(1896年)の木札には、世話人や大工の名が記されています。
なお、付けたり指定の版木には、一対の獅子王が彫られています。
関連図書 『浦和市文化財調査報告書』第44集(浦和市教育委員会、2000年発行)

この文化財は、一般公開は行っておりません。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る