ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C006371

文化財紹介 北武蔵の農具

このページを印刷する

北武蔵の農具
北武蔵の農具
指定の区分 国指定 重要有形民俗文化財
指定名称 きたむさしののうぐ
北武蔵の農具
員数 1,640点
指定年月日 昭和58年4月13日
所在地 大宮区高鼻町4-219(埼玉県立歴史と民俗の博物館(新しいウィンドウで開きます))
所有者 埼玉県
概要 行田市周辺地域を中心に収集されたもので、水田用具・畑作用具・綿作用具など各種の農具と、農具にちなむ信仰・儀礼関係の用具や運搬用具、仕事着など1,640点からなります。これらには、使用年代、使用者、使用場所などの情報が含まれており、時代的変遷を知る貴重な手がかりとなっています。
 また、大宮台地や入間・所沢地方で行われていた「摘田法」の資料や、大里・児玉・秩父地方などを中心に行われていた「タレマキ」の資料、県北東部一帯で盛んだった綿作りの資料など、地域的な特色をよく示しています。
関連図書 『北武蔵の農具』(埼玉県立さきたま資料館、1985年発行)

 見学の際には、マナーを守り、文化財の管理者、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。
 なお、公開期間を設けている場合もあります。詳しくは、当該施設へお問合わせください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る