ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年3月25日 / ページ番号:C063567

毒物及び劇物の適正な保管管理等のさらなる徹底について

このページを印刷する

 今般、毒物であるシアン化カリウム(青酸カリ)を入れた医薬品を流通させるという内容の脅迫文が複数の製薬会社等に届くという事件が発生しました。これを受け、厚生労働省から通知が発出されましたのでお知らせします。
 毒物及び劇物の取扱いにつきましては、これまで以上に適正な保管管理の徹底を図り、万が一、盗難等の事故が発生した際には、直ちに警察に届け出るとともに、速やかに所管の保健所にご報告くださいますよう、よろしくお願い致します。
「毒物及び劇物の適正な保管管理等のさらなる徹底について」(平成31年1月30日付け薬生薬審発0130第2号)

以下の関連通知も併せてご確認ください。
「毒物及び劇物の保管管理について」(昭和52年3月26日付け薬発第313号薬務局長通知)
「毒物及び劇物の盗難又は紛失防止に係る留意事項について」(平成30年7月24日付け薬生薬審発0724第1号)

 なお、保健所への登録や届出の有無にかかわらず、毒物劇物を業務上使用する際には、次の規定が適用となりますのでご留意ください。[毒物及び劇物取締法(以下「法」という)第22条第5項の準用規定]
・盗難・紛失・漏洩等を防ぐのに必要な措置を講ずること。(法第11条)
・飲食物の容器に使用される物を毒物劇物の容器として使用しないこと。(法第11条)
・容器、被包及び貯蔵・陳列場所に「医薬用外毒物」「医薬用外劇物」の表示をすること(法第12条第1項、第3項)
・廃棄、運搬、貯蔵等にあたっては、技術上の基準に従うこと(法第15条の2、法第16条)
・漏洩や盗難等の事故が発生した場合には、保健所、消防署又は警察署に直ちに届け出るとともに、必要な応急の措置を構じること
(法第16条の2)



関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/環境薬事課 薬事係
電話番号:048-840-2235 ファックス:048-840-2232

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る